Tシャツのロゴ印刷でオリジナルTシャツを作ろう!デザインから印刷まで解説

Tシャツのロゴ印刷でオリジナルTシャツを作ろう!デザインから印刷まで解説

Tシャツのロゴ印刷でオリジナルTシャツを作ろう!デザインから印刷まで解説

ドライTシャツ|4.4oz|00300-ACT|glimmer

オリジナルTシャツを作りたいけど、どこから手をつければいいか迷っている人も多いのではないでしょうか。
最近は、Tシャツに好きなデザインをプリントできるサービスも増え、手軽にオリジナルTシャツを作れるようになりました。
しかし、デザインから印刷まで、実際にはどのような手順で進めればいいのか、わからない人もいるかもしれません。
この記事では、オリジナルTシャツを作る際に最も人気のある方法である「tシャツロゴ印刷」に焦点を当て、デザインから印刷まで、具体的な手順を分かりやすく解説していきます。
オリジナルTシャツ作りに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

tシャツロゴ印刷のデザイン

tシャツロゴ印刷でオリジナルTシャツを作る際に、まず考えるべきなのがデザインです。
ロゴTシャツのデザインは、シンプルで分かりやすく、着心地を考慮することが大切です。
ここでは、ロゴTシャツのデザインのポイントを4つ紹介します。
1:着たときをイメージしながらデザインを考える ロゴTシャツのデザインを考える際には、実際に着た時のイメージを意識することが重要です。
平面のデザインでは、なかなかイメージしづらいものです。
例えば、スマホやパソコンでデザインを作成した場合、胴体部分のふくらみなどを考慮せずにデザインしてしまうと、実際に着てみると、イメージと異なる場合があります。
そのため、デザイン作成の途中で、誰かに試着してもらい、イメージ通りに見えるかを確認するなど、立体的なイメージを掴むようにしましょう。
2:デザインはシンプルにまとめる オリジナルTシャツのデザインを考える際、たくさんのイラストや文字を詰め込みたくなる気持ちも分かります。
しかし、詰め込みすぎると、デザインがごちゃごちゃしてしまい、せっかくのオリジナルデザインも台無しになってしまいます。
シンプルで分かりやすいデザインにするために、重要なのは、本当に必要な要素だけを厳選することです。
例えば、体育祭用Tシャツなら、クラス名やスローガン、サークルTシャツならサークル名や活動で使うアイテムなどを、メインに据え、それ以外の要素は最小限に抑えるようにしましょう。
どうしてもたくさんの要素を入れたい場合は、メインの要素を大きく配置し、それ以外の要素は小さく配置するなど、工夫することで、スッキリとしたデザインに仕上げることができます。
3:フォント(書体)にこだわる ロゴTシャツのデザインにおいて、フォント(書体)は、デザイン全体の印象を大きく左右する重要な要素です。
フォントによって、ロゴの雰囲気が大きく変わります。
例えば、同じ「明朝体」でも、太さやデザインによって、上品な印象になったり、カジュアルな印象になったりします。
デザインを作成する際は、フォントの種類を色々試してみて、ロゴのイメージに合ったものを選びましょう。
4:配色のバランスを考える オリジナルTシャツのデザインにおいて、Tシャツの色とプリントするイラストや文字の色の組み合わせ、つまり配色のバランスも重要なポイントです。
Tシャツの色によって、プリントするデザインの見え方が大きく変わります。
例えば、白Tシャツなら、どんな色でも映えますが、黒Tシャツや濃い色のTシャツに、同じように濃い色のデザインをプリントすると、デザインが見えにくくなってしまいます。
また、同系色を組み合わせる場合でも、明暗の違いがはっきりしていれば、統一感のあるデザインになります。
ロゴTシャツは、文字をしっかり読んでもらえることも重要です。 そのため、デザインの配色を考える際は、Tシャツの色とのコントラストを意識し、デザインが見やすく、文字が読みやすい配色にするようにしましょう。

tシャツロゴ印刷のデザイン作成方法

ロゴTシャツのデザインは、手描き以外にも、様々な方法で作成できます。
ここでは、3つのデザイン作成方法を紹介します。
1:アプリを使う ロゴTシャツのデザインは、アプリを使うと簡単に作成できます。
デザインアプリには、手描き風のロゴが作れるもの、シンプルでビジネス向けのロゴが作れるものなど、様々な種類があります。
デザインアプリによって、Tシャツのデザインデータだけを作るものと、印刷までできるものがあります。
アプリを使ってどこまで進めたいのかを考慮して、自分に合ったアプリを選びましょう。
デザインアプリのメリットは、操作が簡単で、初心者でも使いやすいという点です。
また、デザイン作成に費用がかからないため、気軽にロゴTシャツのデザインに挑戦できます。
デザインアプリのデメリットとしては、機能がシンプルなため、編集機能やフォントの種類が限られている場合がある点が挙げられます。
また、プリントの質はアプリによって差があり、期待しすぎない方が良い場合もあることを覚えておきましょう。
2:テンプレートを使う 完全オリジナルのロゴを作るのが難しい場合は、デザインサイトや素材サイトにあるテンプレートを利用するのも良いでしょう。
デザインサイトや素材サイトには、数千種類ものテンプレートが用意されているので、きっとイメージに合ったデザインが見つかるはずです。
テンプレートを利用するメリットは、気に入ったデザインを簡単にアレンジできるという点です。
色や書体などを変更するだけで、オリジナルTシャツのデザインが完成します。
また、テンプレートは著作権に配慮して作成されているため、安心して利用できます。
テンプレートを利用するデメリットは、自由度が低いという点です。
すでに完成されているデザインをアレンジして使うため、自分だけのオリジナルデザインを作りたい場合は、少し物足りないと感じるかもしれません。
3:デザインソフトを使う デジタルイラストに挑戦してみたい、または描き慣れているという方は、デザインソフトを使う方法もあります。
デザインソフトは、より高度な編集機能が使えるため、細かい部分までこだわったデザインを作成できます。
デザインソフトには、無料版と有料版があります。
無料版でも、基本的な機能は十分に使えるので、まずは無料版を試してみることをおすすめします。
デザインソフトを使うメリットは、自由度が高いという点です。
自分のイメージを自由に表現できます。
また、デザインソフトで作成したデータは、様々な形式で出力できるため、印刷会社などにデータを送信する際にも便利です。
デザインソフトを使うデメリットは、操作が難しいという点です。
初心者にとっては、使いこなすまでに時間がかかる可能性があります。
また、有料版を使用する場合は、費用がかかります。

tシャツロゴ印刷の自作方法

tシャツロゴ印刷の自作方法には、大きく分けて2つの方法があります。
1つは、アイロンプリントで作る方法、もう1つはオリジナルTシャツ作成サービスを利用する方法です。
それぞれの方法について、詳しく解説していきます。
1:アイロンプリントで作る アイロンプリントは、市販のアイロンプリントシートに好きなデザインを印刷し、アイロンを使ってTシャツにプリントする方法です。
自宅にプリンターとアイロンがあれば、誰でも簡単にオリジナルTシャツを作ることができます。
アイロンプリントシートは、100均や家電量販店、ホームセンター、手芸店などで購入できます。
アイロンプリントは、Tシャツだけでなく、布製品全般にプリントできるため、アイデア次第で様々なオリジナルグッズを作成できます。
アイロンプリントのメリットは、最初から最後まで手作りできる点です。
自分だけのオリジナルTシャツを、一から作りたいという方におすすめです。
アイロンプリントのデメリットは、大量生産が難しいという点です。
1枚ずつ同じ作業を繰り返す必要があるため、大量にTシャツを作りたい場合は、他の方法を検討する必要があるでしょう。
2:オリジナルTシャツ作成サービスを利用する 時間や手間をかけずに、もっと簡単にオリジナルTシャツを作りたい場合は、オリジナルTシャツ作成サービスを利用するのがおすすめです。
オリジナルTシャツ作成サービスでは、パソコンやスマートフォンから、好きな画像をアップロードするだけで、簡単にオリジナルTシャツを作ることができます。
多くのサービスでは、1枚からでも作成できます。
オリジナルTシャツ作成サービスを利用するメリットは、手軽にオリジナルTシャツを作れる点です。
デザインから印刷まで、全てをサービスに任せられるので、初心者でも安心です。
オリジナルTシャツ作成サービスを利用するデメリットは、自分でデザインを自由にできないという点です。
サービスによっては、デザインの自由度が制限されている場合があります。

tシャツロゴ印刷の注意点

オリジナルTシャツを作成する際には、著作権、肖像権、パロディに関する法律に注意が必要です。
トラブルを避けるため、事前に確認しておきましょう。
1:著作権 オリジナルTシャツのデザインに、他人の著作物を無断で使用すると、著作権侵害となり、法的責任を問われる可能性があります。
著作権は、著作者の権利であり、作品を複製したり、公衆に提示したり、頒布したりする権利などが含まれています。
オリジナルTシャツのデザインに、他人の著作物を利用する場合は、必ず著作者の許諾を得る必要があります。
許諾を得ずに著作物を利用した場合、著作者から損害賠償を求められる可能性があります。
2:肖像権 オリジナルTシャツのデザインに、他人の肖像を無断で使用すると、肖像権侵害となり、法的責任を問われる可能性があります。
肖像権は、個人が自分の肖像を自由に使用したり、使用させたりする権利です。
オリジナルTシャツのデザインに、他人の肖像を掲載する場合は、必ず本人の承諾を得る必要があります。
承諾を得ずに肖像を掲載した場合、肖像権者から損害賠償を求められる可能性があります。
3:パロディ オリジナルTシャツのデザインに、他人の作品をパロディとして利用する場合、著作権法上の「パロディ」の要件を満たす必要があります。
パロディとは、既存の作品を模倣し、それを面白くしたり風刺したりして創作された作品のことです。
パロディが認められるためには、以下の要件を満たす必要があります。
・既存の作品を模倣していること ・既存の作品とは異なる新しい作品であること ・既存の作品を風刺したり、面白くしたりする意図があること パロディの要件を満たさない場合は、著作権侵害となる可能性があります。

まとめ

この記事では、オリジナルTシャツを作る際に最も人気のある方法である「tシャツロゴ印刷」について、デザインから印刷まで、具体的な手順を解説しました。
オリジナルTシャツのデザインは、シンプルで分かりやすく、着心地を考慮することが大切です。
デザイン作成には、アプリやテンプレート、デザインソフトなど、様々な方法があります。
tシャツロゴ印刷の自作方法には、アイロンプリントで作る方法とオリジナルTシャツ作成サービスを利用する方法があります。
それぞれの方法には、メリットとデメリットがあるので、自分のニーズに合わせて選びましょう。
オリジナルTシャツを作成する際には、著作権、肖像権、パロディに関する法律に注意が必要です。
トラブルを避けるため、事前に確認しておきましょう。
オリジナルTシャツ作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連記事

TUQRUからのお得情報!

その他アイテム多数取り揃え

オリジナルTシャツ(半袖・長袖)やその他アイテムのご案内

発送予定日:2024年7月25日(木)
※本日AM9時(営業日)、同商品9点までのご注文の場合

全体のシルエットをスタイリッシュに仕上げた程よい肉厚のスタンダードTシャツ。

Printstar

¥474 ~
プリント代別
激安!作成ページへ

累計1.4億枚以上販売しているキングオブTシャツ。

Printstar

¥537 ~
プリント代別
激安!作成ページへ

今の気分にぴったりなビッグシルエットはコーデの幅を広げるとっておき。

United Athle

¥1,241 ~
プリント代別
激安!作成ページへ

着心地や素材感にこだわった上質なTシャツを探している人のための一枚。

United Athle

¥700 ~
プリント代別
激安!作成ページへ

深すぎないVネックがインナーとしても1枚着としても使い易い肉厚Tシャツ。

Printstar

¥829 ~
プリント代別
激安!作成ページへ

肩幅と身幅が大きめのリラックス感のある新定番Tシャツ。

Printstar

¥882 ~
プリント代別
激安!作成ページへ

Printstar史上最もヘビーウェイトな超満足のニュースターTシャツ。

Printstar

¥865 ~
プリント代別
激安!作成ページへ

人気の定番Tシャツにトレンドカラーが仲間入り。ご好評につき数量限定商品からレギュラー商品化。

Printstar

¥670 ~
プリント代別
激安!作成ページへ

365日デイリーウェアを実現する、こだわりを積み重ねた究極の一枚。

United Athle

¥1,122 ~
プリント代別
激安!作成ページへ

オープンエンド糸のザラ感がたまらない、着れば着るほど愛着がわく一枚。

United Athle

¥1,614 ~
プリント代別
激安!作成ページへ

シャリ感のあるしっかりした風合いが特徴。着用を重ねることで目が詰まり、他では決して味わえない肌ざわり。

United Athle

¥1,017 ~
プリント代別
激安!作成ページへ

超極厚生地&ビッグシルエットの最上級グレードTシャツ。

United Athle

¥1,638 ~
プリント代別
激安!作成ページへ

シルエットにこだわった、定番ヘビーウェイトTシャツ。

TRUSS

¥812 ~
プリント代別
激安!作成ページへ

アメリカのトップブランドの定番Tシャツを、日本人のスペックに。

FRUIT OF THE LOOM

¥936 ~
プリント代別
激安!作成ページへ

タフなTシャツのルーツ。着込むごとに身体に馴染むオープンエンドTシャツ。

CROSS & STITCH

¥873 ~
プリント代別
激安!作成ページへ